会社を辞めて技術職に転職する場合には。

会社を辞めたいと思っていても、自分に技術がないことに気がつきます。
免許や資格を取っておかないと、実際に会社を辞めるとなった時に苦労します。

手に職という言葉は良く聞く言葉ですが、現場で働いている人の多くは、手に職を持っています。
技術をもっていると言えますし、現場の技術があれば、力仕事でなければ一生食べていけるものが多いです。

整体師などは、手に職というのにぴったりな職業で、自分のスキルがあれば開業も出来ますし、大きな会社になっていくと思います。
整体師として開業するのであれば、資格として国家資格も必要ですが、資格があれば国金からの借り入れも簡単に出来るようになります。
(参考サイト)http://整体師になるには夢整体ラボ.com/

手に職を持っているということは、このようなことを言い、資格によって仕事が舞い込んでくるのは、本当にありがたいことですね。
開業しなくても資格を持っているということで、整体屋さんに就職することは簡単になります。

お客さんに、保険の適用がされているので、国の補助が大きい仕事ということになります。
一度お客さんがついたら、店は軌道に乗っていくでしょう。
開業するのであれば必要なことは、相手とのコミュニケーション能力が必要になってくるでしょう。
技術を磨くということは、見えない技術もあるということでしょうね。

退職してわかる会社のありがたみ

会社で仕事をしていると、とかく今の会社や現在の自分の状況に不満を抱きがちになります。毎日毎日満員電車に揺られてくたくたになり、上司には怒られ、後輩社員には突き上げられ、やってもやっても終わらない仕事に追われ、得意先や社内の人間関係に気を使い、などなど。そして、自分の給料やボーナスは、なんでこんなに安いんだろうと思ったりもします。周りの人の方が良く見えて、隣の芝生が青く見えてきます。しかし、何らかの事情で一度退職してしまうと、そんな会社でもありがたみがあることがわかってくる様になります。まず、毎日出勤して仕事をしてさえいれば、毎月給料がもらえ、収入の面では安定しています。倒産や業績不振によるリストラでもない限り、労働基準法に守られている為、解雇されるということはありません。健康保険や厚生年金も、半分は会社が費用負担してくれます。黙っていても、会社が年1回の健康診断は実施してくれます。退職して脱サラしてしまうと、これらのことはすべて自己責任・自己負担となってしまいます。また、今までとは違って急に自分の周りから人がいなくなってしまう為、孤独感を感じる様になり、あれほど煩わしかった社内や得意先との人間関係も、懐かしく思える様になります。一度会社を辞めてしまうと元には戻れなくなる為、退職・脱サラを考える場合は、一時期の感情に惑わされることなく、よくよく検討することが大切です。

来年からは、海の男だ!

釣り仲間のKさんと、年末に二人で忘年会を行いました。平年であれば忘年会は釣りに行くのが決まっているのですが、お互いに年を重ねて仕事が忙しくなったのと家庭を持ったことも重なって、かつてのように釣りをする時間を取れなくなりました。

最近は釣り仲間と言うよりも、飲み仲間であるKさんとの話は、釣りよりも脱サラの話の方が盛り上がっています。ホームページの制作やサーバー管理などのネット関係の職場でディレクターとして切り盛りするKさんで、最近は中間管理職として上司と部下の板挟みで精神的にかなり苦しいといつも愚痴っているのですが、忘年会でのKさんは何かを決断したようでちょっと違いました。
「社畜として生きることに決めましたよ」

話を聞けば、奥さんが妊娠したとのことで、予定日はあと半年後。会社には不満があるものの、給料は多くはないが人並だし、会社は小さいながらも地方では大きな会社の子会社なので、潰れることはないし、残業代もそれなりに出ているし、この不景気に会社を辞めたら、今よりも給料が下がるし…。残念な感じのKさんですが、私からしてみれば、社畜になれるだけうらやましいことです。なぜなら、私はボーナスが出なかったし、来年からの給料カットも決定済みで、残業代は今も昔も出ていません。そこで、Kさんに切り出しました。

「本気で脱サラしようと思っているのですよ」
実は私は、釣り好きが高じて、跡取りのいない遊漁船から将来の船長として誘われていたのです。寝耳に水とばかりに、大興奮のKさんで、「それは、自分がやりたい」と言い出す始末…。先ほどの社畜宣言は、いったいどこへやら…。そんなこんなで私の「脱サラ宣言」で大いに盛り上がった二人だけの忘年会でした。来年からは、海の男だ!

芸能人のスキンケアが気になる

芸能人のブログを見ていたら紹介されていたこのファンデーション。シルキーモイストファンデーション。

とっても良さげなので、今度買ってみようかなと悩み中。今ファンデーション選びに迷っているので候補に入れました。

というのもコレ、BBクリームみたいなもので化粧水の後に塗るだけで美容液成分や下地、コンシーラーなど全て含まれたオールインワンのファンデなんです。

自然な色づきでカバー力があるって私の中で一番の魅力なんですよね。しかも保湿力がすごくあるみたいなので、肌もキレイになるようです。

今は色んなファンデーションがあって、メーカーも大変ですね。買う側の私たちにはいいものが沢山開発されてうれしい限りですけれど。
ただ余りにも種類が多すぎて本当に悩みます。

やっぱりみなさん悩んでいるようですね。だから芸能人のブログやインターネットの口コミってやはり気になりますね。

自分の周りの友人でもいろいろ試して使うっていうのはやっぱり無理だから沢山の人の意見を聞けるネットのツールを利用するっていうのは賢い手なのかも。

今のうちに毛穴のケアをしておかなくっちゃ♪

暑い季節って日中は毛穴全開になっていませんか?ファンデーションも毛穴を隠すようにしっかりつけないとブツブツのお肌でキレイに見えないんですよね。

だから、毛穴を埋めるようなファンデーションの塗り方だから、クレンジングで毛穴の中までしっかりファンデーションを落とさないと毛穴が黒ずんできちゃうんですよね。

そして、これから寒くなってくると毛穴はきゅっと引き締まってくるから、そのまま放置しておけば黒ずんだままの状態になってしまって、お肌がくすんで見えることになったり毛穴が目立ってしまったりしてしまうからね。

だから、今のうちにしっかり毛穴ケアをしておかないといけませんね。クレンジングは毛穴にしっかり入り込むようにマッサージをしながらファンデーションを落としましょうね。

カネボウに酵素入り洗顔パウダーという商品があるんだけど、こういう商品を取り入れるのもいいと思う。

毛穴の汚れや余分な角質もしっかり落としてくれますよ。私は通常の洗顔と併せて使うこともあるんですよ。

家事好き男性としか付き合わない美人の友人

私は早くから結婚を決めて専業主婦になりました。友人は逆で、キャリアを目指して今も頑張っています。そんな友人ですが、ご両親は日本人なのにハーフみたいな見た目がとても綺麗な美人です。

スレンダーですし、女の私から見ても本当に綺麗な女性だと思います。そのためすごくモテるのですが、お付き合いする男性の条件が家事好きなんですよね。

別に将来は主夫として家庭に入ってほしいわけではなく、自分もキャリアを目指しているので家事はしっかり半分に出来るような人と結婚したいというのが理想だと言うのです。

ただ、美人ですから自分は家事が得意だと嘘をついてアプローチしてくる男性が結構多いんですよね。いざ同棲をしてみると、全然家事が出来なくてそれで別れてしまったり。

逆に家事が出来るかどうかに固執すぎてしまっていて、性格に難のある人に捕まってしまったりしています。美人なのにもったいないなぁと思いますね。家事の出来ない男性とは絶対に結婚しないと言い切っているので、そこまで意固地にならなくても良いのにと少し心配です。

その意固地さが本来多いはずの彼女の出会い きっかけをなくしてしまっているように思えてなりません。

旦那の髭やムダ毛は、意外に気になるものです

男性にとっては、髭やムダ毛というものは、あまり気にならないかもしれません。たとえば、多くの男性は、髭の手入れをしています。そのため、髭が、目につくなどとは思っていないでしょう。また、ムダ毛などについては、男性ならば、気にしなくていいと思っている人も多いでしょう。

しかし、普段から生活を共にしている妻にとって、髭やムダ毛というものは、意外に気になるのです。また、毎日、目にしているので、何とかしてほしいと思っている人も多いでしょう。

たとえば、髭が濃すぎるという場合には、一生懸命に手入れをしても、やはり、気になるものです。また、ムダ毛についても、気にしないというのは、妻の立場では、あまり気分がいいものではないのです。

男性のムダ毛というものは、あまり目立たない人もいます。しかし、ムダ毛が濃い男性も多いのです。それが自分の旦那だったりすると、やはり、何だか嫌な気分にもなるのです。そして、脱毛などでなんとかしてほしいというのが本音となるのです。

医療費控除

友人が去年出産したのですが・・・・
去年の医療費が10万超えなかったみたい。
今までの常識は出産したら医療費控除が受けられる・・・ですよね。

まぁ昔に比べて、無料券の枚数が増えて予定日超過しない限りほとんどが無料券で検診が受けられるそうです。
友人は予定日超過したけど・・・・出産一時金の金額も増えたのであまり足がでなかったみたい。
そんなんでけっきょく控除は受けられず。

でも控除が受けられたとしても・・・・10万超えた分だけなので、11万とかならば1万しか控除受けられないので・・・だったら自腹した金額が少しでも少ない方がお得なのかもしれないですよね。

そうそう出産は出産手当金や 育児休業給付金 ってのもあるんですよね。
でも対象じゃないともらえない。
昔は、退職しても半年以内に出産すれば出産手当金もらえたんですけどね。
私はそれで70万くらいもらいました☆

いろんなお手当はたくさんもらったほうがいいですよね。
もっともっと勉強していろいろ詳しくなりたいな。

ぐうたら。美容健康自分磨き復活させなきゃ。

今日は七夕です。
七夕というとロマンチックなイメージがあるのですが、実はとって悲しいお話なんですよね。

織姫と彦星は愛し合うが故に働かずに遊び暮らしてばかりで、神様が怒って二人を引き離したという。
恋愛中って楽しいからなんとなくわからなくもないのですけどね。

ぐうたらしてるのって本当に幸せですけど、そのしわ寄せって必ずやってくるという寓話なんでしょうか。

ダイエットや美容に関しても同じようなことが言えそうです。
頑張ってダイエットするのって本当に辛いです。
そしてぐうたらでお菓子食べながらくつろいでいるのって楽しいし、お肌のケアもせずに寝るのも
ラクチンです。
でもそれを怠ったが故に、太ってしまったり、肌がボロボロになってしまったり悲しい結果になってしまうのですね。

やっぱり美しい人って生活に関しても自分に関しても厳しいというか、しっかりしている人ですよね。
織姫と彦星のようにあとで後悔してもしきれないことにならないように日々気合を入れて生活したいものです。

七夕はそんな二人へのお慈悲のようなものですが、ダイエットや美容にお慈悲は存在しません。
キレイな天の川を眺めながら、心に誓いたいと思います。

新しい仕事の生まれる所

仕事をするためには、起業するのでなければ就職しなくてはなりません。
ゆくゆくは独立をと考えていても会社員となって社会の仕組みを学んでおくことは無駄にはならないと思います。
日本においては、ほとんどの学生は会社員になるために、そして仕事を得るために就職活動というものをしています。企業が新卒というものを重視する傾向はまだまだ中心的な考え方です。毎年毎年内定者にまつわるドラマはつきることがありません。

内定にまつわる学生と会社を結ぶサービスにも様々なものが出てきています。
他社の内定を採用基準にして、学生を取り込もうというサービスが出てきています。それはインターネット上のサービスとなるのですが、利用方法は、学生がサイトに学歴や自己PRを登録して、それに加えて自分の内定した会社の名前を登録するのです。サービス提供している企業が学生の内定通知書を確認することで登録が完了する仕組みとなっています。

優秀な学生を採用したい企業が、そのサイトにアクセスして学生をスカウトできるというサービスになっています。
仕事に関わるための場においてさえも新たな仕事の生まれる余地があるんだなあと感心しました。できるだけ良い条件について仕事をしたいという点を上手く利用できています。